森山大道のドキュメンタリー映画に紐付く写真展が開催

ART/CULTURE /

荒木経惟と並び日本写真界の重鎮・森山大道。4月30日(金)から全国公開となるドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』の上映に関連したエキシビジョンが、「東京工業大学写大ギャラリー」にて3月22日(月)から開催される。

本展では映画内でも描かれる森山のデビュー作『にっぽん劇場写真帖(1968年)』から写真集『狩人(1972年)』、カメラ雑誌や個人誌『記録』などに発表されたもの、さらに未発表のプリントも掲出されるとのこと。また、『森山大道写真集成⑤ 1960-1982 東京工芸大学 写大ギャラリーアーカイヴ』と銘打った写真集も発刊され、写大ギャラリーに収蔵される全ての森山作品と詳細な作品リストがまとめられているようだ。

野良犬のように街を彷徨いながら切り取られたスナップショットたちを、ぜひともその目で確認していただきたい。その他、アート関連の最新トピックもお見逃しなく。

森山大道 写真展 「衝撃的、たわむれ」
日時: 2021年3月22日(月)~5月31日(月) 10:00 – 18:00
休館日:日曜日
会場: 東京工芸大学写大ギャラリー
住所: 東京都中野区本町2-4-7 5号館