弱冠12歳のイラストレーターが渋谷パルコで個展を開催

ART/CULTURE /

世界的にみてもアスリートやアーティスト(ミュージシャン)など若者の台頭は凄まじい。ひとつ例に挙げると、世界一稼ぐYouTuberも日本の血を引くアメリカ在住のRyan(ライアン)君であり、その額はなんと30億円と言われている。そして、日本にも弱冠12歳で秀でた才能を持つイラストレーターがいるのはご存知だろうか。その名はMiracle-kun(ミラクルくん)といい、今回彼が「SHIBUYA PARCO」でアート展&ポップアップストアを開催する。

昨年12月に沖縄県立美術館・博物館史上、最年少作家として「Everybody gonna be Happy! 」を開催し、合計1500名以上が来場し話題を呼んだMiracle-kun。2021年3月21日(日)まで開催される同展では、過去に発表した沖縄シリーズ、動物シリーズ、スポーツシリーズの一部原画等が展示されるほか、4種類のエディション付きシルクスクリーンプリントキャンバスが本人の直筆サイン入り&エディション20枚、そして、それぞれ一点ものとなるハンドプリントのアパレル商品なども発売されるとのこと。

可愛さとちょっぴりクセのあるタッチは中毒性があり、ついついアレもコレもと購入してしまうのでお気をつけて(笑)。その他、アート&カルチャー関連の最新トピックもお見逃しなく。

Miracle-kun POPUP&EXHIBITION “Everybody gonna be Happy!!”
会場:渋谷パルコ 5F
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1
会期:2021年3月5日(金)~3月21日(日)

Image Credit
Miracle-kun