中田英寿が新型スマホのウェブCMに登場

ART/CULTURE /

元サッカー日本代表の顔として活躍し、現在は実業家としても活動する中田英寿が、「motorola(モトローラ)」社のフォータブルスマートフォン“motorola razr 5G”の日本アンバサダーに就任した。今月3月26日から国内販売が始まる同製品だが、今回は本日18日から同社の公式YouTubeアカウントでウェブ限定の新CMとして配信されるという。

同CMでは東京のビジネスシーンを飛び回る実業家・中田英寿がコンセプトに掲げる「その手で、未来を開け。」というメッセージを表現した“街中”、“会議室”、“BAR”といったシチュエーションで“motorola razr 5G”をクールに使用するシーンが映し出されている。

“motorola razr 5G”は6.2インチの大型ディスプレイを搭載しながらも本体を折りたたむことができる独創的な機構を採用。メタルとガラスを使用したプレミアム感のあるデザインスマートフォンとなっており、現役時代を過ごしたイタリアでは、元サッカーイタリア代表のAndrea Pilro(アンドレア・ピルロ)がアンバサダーを務めている。

多角的な活動を行うヒデであるが、果たして日本を代表する企業の司令塔になれる日は来るのか。引き続き彼の動向を追っていくとしよう。その他、カルチャー関連の最新トピックのチェックもお忘れなく。

Image Credit
motorola