kZm がアジカンをサンプリングした新曲をリリース

ART/CULTURE /

Tohji(トージ)やBIM(ビム)、5lack(スラック)、Daichi Yamamoto(ダイチ ヤマモト)らを客演に迎えた名曲を数多く世に放ち、ユースカルチャーを体現する日本人ラッパーのkZm(YENTOWN)。そんな彼が最新曲「Aquarius Heaven」をデジタルリリースし、あわせてティザー映像を「Atlantic Japan」から配信。

「Atlantic Records(Japan)」は60年以上の歴史を持ち、これまでLed Zeppelin(レッド・ツェッペリン)やBruno Mars(ブルーノ・マーズ)、Ed Sheeran(エド・シーラン)、Cardi B(カーディ・B)ら世界的なアーティストを擁しているアメリカの名門レーベルだ。その日本法人「Atlantic Japan」から初めてのソロラッパーとしてデビューするのがkZmなのである。

今回の新曲では、DJ DISKプロデュースのもと、後藤正文率いるASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアンカンフージェネレーション)の「ラストシーン」をサンプリングした楽曲となっており、ジャケットのアートワークはハウスミュージックシーンで秀でた逸材として注目を浴びるCYKのKotsuが手がけている。

日本だけでなく、アジア、そして世界を舞台に活躍するラッパーの誕生と言えるだろう。ひとまず彼の新譜をチェックしつつ、その動向をウォッチしておこう。

この投稿をInstagramで見る

kZm(@kzm9393)がシェアした投稿

Image Credit
Atlantic Japan