メッシがヴィッセル神戸に移籍?

SPORTS /

現地時間の8月25日、Lionel Messi(リオネル・メッシ)がバルセロナに退団の意向を伝えたと各紙が伝えている。ここ数年、幾度となくフロントと火花を散らし、現役引退報道が取り沙汰されてきた神の子だが、CL(UEFAチャンピオンズリーグ)での大敗によるバッシングとLuis Suárez(ルイス・スアレス)、Sergio Busquets(セルヒオ・ブスケツ)、Jordi Alba(ジョルディ・アルバ)ら盟友たちの戦力外通告がこの結末を生んだようだ。

Messiはバルセロナと2021年6月までの契約を結んでいるが、今年6月10日までなら自由に契約を解除できる条項が付帯されており、コロナの影響によって8月となった現在もこのオプションを認めるように主張しているという。もし、これが認められることになれば、他のクラブは契約解除金の7億ユーロ(約875億円)を払わずとも、移籍金ゼロでの獲得が可能となる。5,000万ユーロ(約62億5,000万円)とも言われているサッカー界きっての高額年俸を払ってでも、手を挙げるクラブはいくつか出てくるだろう。

そんな中、スペイン人の名物ジャーナリストは、「Messiには基本的に2つのオプションがある。一つは、パリ・サンジェルマンやマンチェスター・Cのようなチームで勝つためのプロジェクト(仕事)を続ける。そして2つ目は、LAギャラクシー、ヴィッセル神戸、アル・サッド、インテルなどの格下チームで引退への道を模索するかだ」と述べ、Andrés Iniesta(アンドレス・イニエスタ)がいる日本行きも可能性として0%ではないとの見解を示している。

実際のところまだまだ第一線で成果を上げられるMessiだけに、この去就について世界中が注目している。引き続き彼の動向をウォッチしつつ、スポーツ関連の最新トピックもチェックしておこう。

Image Credit
@leomessi