元バルサMFが本名を“悟空”に改名

SPORTS /

マンチェスター・シティのユース、バルセロナB、ビジャレアルでプレーした経験のあるJoan Àngel Román(ジョアン・アンヘル・ロマン)が、自身の名前を『ドラゴンボール』の主人公に改名したことで話題を呼んでいる。

現在27歳の同氏は、「この名前を選んだのは、忍耐力、共感、障害に直面しても成長すること、光とポジティブさを表しているものに共感したからだ」と述べ、鳥山明が生み出した悟空から取った「GOKU」をこれから名乗るとのこと。すでにSNSには名前を反映しており、Instagramでは「僕が生きてきたこと、ジョアンが残してくれたすべてのポジティブなことに感謝している。でも、今の僕はGOKUだ。多くの人々がしてくれているようにリスペクトを求めている。常に全身し、常に前を向いている」と過去の名前に決別したことを明言。

彼はこれまでイギリス、スペイン、ポルトガル、ポーランド、ギリシャなどでプレーし、今夏からポーランド2部のミェジ・レグニツァで現役を続行中。髪型や言動を真似るアスリートは数多くいるが、芸名ではなく本名までかえるアスリートがいるとは。スーパーサイヤ人並みの活躍に期待しておこう。

その他、スポーツ関連のトピックもお見逃しなく。

この投稿をInstagramで見る

Hungry for more 🌪🥶👣 #gokuseason

Goku Román(@joan_roman7)がシェアした投稿 –

Image Credit
@Goku Román