本田圭佑の実験型“サカつくクラブ”が名称変更

SPORTS /

ブラジル1部の古豪ボタフォゴに所属し、つい先日に移籍後初ゴールを記録した元日本代表MFの本田圭佑が、今季から東京都社会人4部リーグに参入した自身のサッカーチーム「OneTokyo」の名称を変更したことを発表。

本日早朝、「ファン投票によってサッカーチーム名が新しく決まりました。OneTokyo→Edo All United(略して江戸)です!」と公式Twitterに投稿。今年1月に本田が中心となり東京に設立された「OneTokyo」は、“リアルサカつく”を合言葉として全員参加型によるクラブ運営を標榜とし、初代GMに乙武洋匡、初代監督にタレントの武井壮を迎えている。

チーム名称の変更に至った経緯としては、「OneTokyo」の商標権を保有する東京マラソン財団などの関係各所との協議により、この決断に至ったとされており、運営に参加するオンラインサロンのメンバーたちによって東京の旧名称である「江戸」を取り入れた「Edo All United」へと変更されることが決まったとのこと。

今後はサッカー以外のスポーツクラブ運営や街づくりなども構想中のようなので、あなたもこの機会に「Edo All United」へ参画してみてはいかがだろうか?

ちなみに、本名を悟空にかえちゃったサッカー選手を知ってる?

Image Credit
@keisukehonda