フロイド・メイウェザーが来日前に異色マッチか?

SPORTS /

2018年大晦日に行われた那須川天心戦に続き、来年2月末に格闘技イベント「MEGA2021」で日本人選手(朝倉未来?)と戦うことが発表されたボクシング元世界5階級制覇王者のFloyd Mayweather(フロイド・メイウェザー)が、その復帰戦の前に1試合だけ異種格闘技戦を行うのではないかと騒がれている。

そのお相手は、富士の樹海で遺体を撮影しネットで袋叩きにあった米カリスマYouTuberのLogan Paul(ローガン・ポール)。一時期は年収14億円を稼いでいた彼は、Mayweatherに対して執拗な挑発を繰り返してきた。それに対し、今回Mayweatherが「彼のYouTubeが好きな女の子たちはバービー人形で遊んでいた方が良いだろう。私は子供向けの試合をするつもりはない。3年前にとあるUFC選手(おそらくConor McGregor)が私の名前を口にしたので、黙らせる必要があった。日本に行く前にLoganにも同じことをする必要がある」とコメントしている。

「元世界5階級王者の戦績を“50勝1敗“にする」と誓ってしまっているだけに、相当腕っぷしに自信があるのかと思いきや、同じYouTuberとのボクシング対決で互角の撃ち合いをしてなんとか勝ちを得た程度のレベルだという。果たしてこの異色マッチが実現することはあるのだろうか、Mayweatherの本気度に注目しておきたい。

その他、スポーツ関連の最新トピックもお見逃しなく。

この投稿をInstagramで見る

Logan Paul(@loganpaul)がシェアした投稿

Image Credit
@floydmayweather