アントニオ猪木が闘病中のリハビリ姿を公開

SPORTS /

「元気ですかー!」「1、2、3、ダー!」「闘魂ビンタ」などあらゆるパフォーマンスと驚異的な身体能力でプロレス界をリードしてきたアントニオ猪木が、現在の姿を自身のYouTubeチャンネルで公開した。

猪木はベッドの上に腰掛け、くたったパジャマ姿で療法士の指示に従いながら苦痛に歪んだ顔で、肩を回している。その光景に加えて画面下には、「元気ですかー! 今日も一日リハビリを頑張りました。 アントニオ猪木 最強の敵と闘っています。(敵は)自分自身です。 早く元気を取り戻して皆さんにメッセージを送りたいと思います。元気ですかー!と言えるように、頑張っていきます。ありがとー!」とテロップが流れている。

同氏は今年1月から腰の治療で入院しており、過去には腰や肩に激痛が走り箸も持てない時期があったという。さらに、2019年秋には心臓の働きが悪くなり、悪化すると心不全にもつながる難病・心アミロイドーシスを発病し、完治(?)したと言われている。筆者が覚えているアントニオ猪木の姿よりも痩せて見えたが、入院食での食事制限や管理が念入りに行われている影響という声も上がっている。

またお馴染みの“あのキャッチフレーズ”をテレビで叫べるように、闘病生活を乗り越えて元気な姿をみせていただきたい。その他、スポーツ関連の最新トピックもお見逃しなく。