LAの新鋭写真家 アレクシス・グロスが東京でソロエキシビションを開催

ART/CULTURE /

LAを拠点に活動するフォトグラファー Alexis Gross(アレクシス・グロス)が、渋谷の街頭ビジョン9機をプラットフォームにストリート/アートカルチャーを発信するデジタルコレクティブ「NEO SHIBUYA TV(ネオシブヤTV)」協力の下、渋谷『16(Sixteen)』と初台『LAID BUG』で同時多発ソロエキシビションを開催する。

Alexisのパーソナルワークリストには、Fender、Louis Vuitton、Vans、High Times、UNDEFEATED x BAPE、『SSENSE』、BRICK、Converse、Noon Goons、『DAZED』を含め、錚々たるブランドや著名雑誌がプロファイルされている。しかし、彼女の名声は、ストリートやアンダーグラウンドの嘘偽りない“現場”で築かれた。パンク/ハードコア、ラッパー、ストリッパー、カーカルチャーなどを記録する彼女の作品は、攻撃的で、躍動感がありながらも、時にユーモアや笑顔に溢れ、各カルチャーの個性が投影された瞬間を飾ることなく、リアルに切り取っている。

『16(Sixteen)』では、ヒューストンのカーカルチャーである“SLAB(スラブ)”に焦点を当てたフォトシリーズを展示する。発色のよいキャンディーカラーの塗装、突起したホイールのエルボーリム、クロームのディテール、トランクに積まれた音響機材、そしてアイデンティティを示すトランクのネオン。Cadillac(キャデラック)、Lincoln(リンカーン)、Oldsmobile(オールズモビル)、BUICK(ビュイック)といったアメ車を好む彼ら独自のカスタム文化は、1970年代後期に隆盛を迎え、1990年代以降はヒップホップシーンとも密接な関係を築いてきた、いわばヒューストンのビジュアルエレメントの象徴と言える。厳格な規則の中で生きるSLABSは、その規則内でどのように自身を表現するかを模索するが、そこには無限の可能性が秘められている。タイトルに掲げた「Slow, Loud, And Bangin’」は、SLAB文化のスローガンに由来するもので、本展では世界的に見ても特異な車たちが、一体何のために「A slow, loud and banging vehicle(遅くて騒々しい乗り物)」として分類されているのかという視点を示す。また、『16(Sixteen)』で上映されるフィルム横のフォトエッセイは、SLABの設立者 Joseph DeBoest(ジョセフ・デボースト)の評論により、理解の幅が一層深まることだろう。

さらに、本展では作品の展示・販売にあわせて、Alexis Gross x NEO SHIBUYA TVのオフィシャルTシャツを発売。さらに、クルマとファッションの架け橋を担う東京ベースのカーコレクティブ CarServiceとAlexisのコラボレートコレクションも展開。クルーネックスウェットシャツ(18,000円+TAX)、バンダナ+ステッカーセット(3,000円+TAX)、カーフレッシュナー(1,800円+TAX)をラインアップし、CarServiceのインラインアイテムとしてドライビングシューズ(6,000円+TAX)も同時リリースとなる。

『16(Sixteen)』の会期は、2020年1月11日(土)〜19日(日)。また、10日(金)19時〜21時には、オープニングレセプションを開催。当日はAlexisやCarServiceクルーも来場するほか、オカモトレイジ(OKAMOTO’S)やDisk Nagataki(tokyovitamin)、Tato Imai(Jackpot)がDJをプレイする予定だ。

『LAID BUG』の展示“Leave Room For Error”は、特定のテーマを設けることなく、Alexisの10年間のキャリアを包括的に振り返る。SLAB、パンク/ハードコアの音楽シーン、ストリッパー文化など、その評価と確固たるものにしたプライベートワークは記録は、純粋な軌跡であり、何かを得るための恣意的な試みではない。しかし、Alexisの作品に共通するテーマは、「平等」「他者との関係の中で生まれたつながり」であり、撮影された作品からは、被写体との強固な信頼関係がベースとなっていることがわかる。また、Leave Room For Error=エラーの余地を残す、の展示タイトルのとおり、写真にはAlexis自身も意図していなかったError(エラー)の痕跡が記録されている。

『LAID BUG』の展示でも、作品の展示・販売と同様に、Alexis Gross x NEO SHIBUYA TVのオフィシャルTシャツを発売(16(Sixteen)の商品とはデザインが異ります)。また、会場ではZINE、そして50冊限定の写真集を発売する。

『LAID BUG』の会期は、2020年1月11日(土)〜26日(日)。初日11日(土)の18時〜22時では、Alexis本人を招き、オープニングレセプションを開催する。是非、ご友人や同僚、パートナーをお誘いのうえ、両会場まで足を運んでみてはいかがだろうか。

さらに、渋谷の街頭ビジョンをメインプラットフォームに、ファッションやアート、音楽など渋谷のアイデンティティとなるカルチャーを発信するデジタルコレクティブ「NEO SHIBUYA TV」では、Alexisのスペシャルムービーを期間限定で放送。1月8日(水)〜21日(火)までの期間中、ハチ公口 スクランブル交差点北東のビルの2階部分に設置されている「グリコビジョン渋谷」やMODIの「ソニービジョン渋谷」を含む渋谷の街頭ビジョン9機で、今回のエキシビションの重要な構成要素であるSLABにフォーカスした映像を配信し、『16(Sixteen)』や『LAID BUG』以外でも、ヒューストンのカーカルチャーの魅力を伝えていく。同映像は「NEO SHIBUYA TV」のInstagramアカウントでも公開予定なので、アーカイブ作品とあわせて、チェック&フォローしておこう。

“Slow, Loud, And Bangin” 
会場:16(Sixteen) 
住所:東京都渋谷区神宮前6-19-15
会期:2020年1月11日(土)〜19日(日)
時間:12:00 – 20:00
レセプション:1月10日(金)19:00 – 21:00
-DJ-
Disk Nagataki (tokyovitamin)
OKAMOTOREIJI (OKAMOTO’S)
Taro Imai (Jackpot)

“Leave Room For Error”
会場:LAID BUG
住所:東京都渋谷区本町6-21-4 B102
会期:2020年1月11日(土)〜26日(日)
時間:14:00 – 20:00
定休日:月曜・火曜
レセプション:1月11日(土)18:00 – 22:00

 

この投稿をInstagramで見る

 

【放送期間】1/8-1/21 Alexis Gross アレクシス・グロス @alexisjadegross . . LAを拠点に活動する女性フォトグラファー Alexis Gross(アレクシス・グロス)が、「NEO SHIBUYA TV(ネオシブヤTV)presentsで渋谷『16(Sixteen)』にてSLABカルチャーを切り取った写真展を開催する。そのカルチャーをフィルミングした映像をNEO SHIBUYA TVにて公開。 是非スラブ独自の全ての”視線を釘付けにしたい”カスタマイズを渋谷の街頭ビジョンで目撃してください。 . . 『16(Sixteen) 』では、ヒューストンのカーカルチャーである“SLAB(スラブ)”に焦点を当てたフォトシリーズを展示する。 発色のよいキャンディーカラーの塗装、突起したホイールのエルボーリム、クロームのディテール、トランクに積まれた音響機材、そしてアイデンティティを示すトランクのネオン。 Cadillac(キャデラック)、Lincoln(リンカーン)、Oldsmobile(オールズモビル)、BUICK(ビュイック)といったアメ車を好む彼ら独自のカスタム文化は、1970年代後期に隆盛を迎え、1990年代以降はヒップホップシーンとも密接な関係を築いてきた、いわばヒューストンのビジュアルエレメントの象徴と言える。 厳格な規則の中で生きるSLABSは、その規則内でどのように自身を表現するかを模索するが、そこには無限の可能性が秘められている。 タイトルに掲げた「Slow, Loud, And Bangin’」は、SLAB文化のスローガンに由来するもので、本展では世界的に見ても特異な車たちが、一体何のために「A slow, loud and banging vehicle(遅くて騒々しい乗り物)」として分類されているのかという視点を示す。 また、『16(Sixteen) 』で上映されるフィルム横のフォトエッセイは、SLABの設立者 Joseph DeBoest(ジョセフ・デボースト)の評論により、理解の幅が一層深まることだろう。 さらに、本展ではAlexis Gross x NEO SHIBUYA TVのオフィシャルTシャツに加えて、クルマとファッションの文化的架け橋を担う東京ベースのカーコレクティブ CarService ( @_carservice )とAlexisのコラボレートコレクションも展開。 クルーネックスウェットシャツ、バンダナ、カーフレッシュナー、ステッカーの4型をラインアップし、CarServiceのインラインアイテムとしてドライビングシューズも同時展開する。 会期は、2020年1月11日(土)〜19日(日)。 10日(土)19時〜21時には、『16(Sixteen) 』でオープニングレセプションを開催。 当日はAlexisやCarServiceクルーも来場するほか、オカモトレイジ(OKAMOTO’S)やDisk Nagataki(tokyovitamin)、Tato Imai(Jackpot)がDJをプレイする。 Slow, Loud, And Bangin 会場:16(Sixteen) @16shibuya 住所:東京都渋谷区神宮前6-19-15 会期:2020年1月11日(土)〜19日(日) 時間:12:00 – 20:00 レセプション:1月10日(金)19:00 – 21:00 -DJ- Disk Nagataki (tokyovitamin) @diskngtk__ OKAMOTOREIJI (OKAMOTO’S) @okamotoreiji Taro Imai (Jackpot) @taroimai . . . #alexisgross #neoshibuyatv #渋谷 #shibuya #shibuyacrossing #digitalsignage #billboard

NEO SHIBUYA TV(@neoshibuyatv)がシェアした投稿 –

Image Credit
Alexis Gross