フランス人アーティスト Jean Jullien が NANZUKA で新作個展“レコニル”を開催

ART/CULTURE /

フランス人アーティストのJean Jullien(ジャン・ジュリアン)が、渋谷のコンテンポラリー・アート・ギャラリー NANZUKA(ナンズカ)で新作個展「Lesconil(レコニル)」を開催する。

Jullienは、1983年フランスに生まれ、2008年にロンドンのセントラル・セントマーチンズを卒業した後、2010年にロイヤル・カレッジ・オブ・アートにて修士号を取得。イラストレーターとして、『NewYork Times(ニューヨーク・タイムズ)』、『National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』、「RCA Records(RCAレコード)」、Le Centre Pompidou(ポンピドゥー・センター)、Hermès(エルメス)、Petit Bateau(プチバトー)、『Vogue(ヴォーグ)』など様々なクライアントに作品を提供する傍ら、ペインティング作品の制作も精力的に行っており、これまでサンフランシスコ、ロンドン、ベルリン、シンガポールなど世界各地で展覧会を行ってきた。

昨年、GALLERY TARGETにて開催された日本初個展に続く、東京で2度目の個展「Lesconil」は、Jullienのファミリールーツのあるブルターニュ地方の港町、プロバナレック=レコニルに由来している。Jullienは、今年の夏を通してレコニルにある祖父母の家で過ごし、幼少期に過ごしたこの街での記憶を辿るかのように、本展のペインティング作品の大半を製作。穏やかで美しい海、風に揺られる麦畑、漁師の祖父の採った海の生物たち、庭から見える何気なく美しい風景など、Jullienの描く作品の1点1点から、実にみずみずしいストーリーを読み解くことができることだろう

Jullienは、闘士星矢やドラゴンボール、シティハンターといった日本のアニメ/コミックや、フランスのバンドシネと呼ばれる漫画作品、あるいはフランスのポスターアーティストであるSavignac(サヴィニャック)、絵本作家のTomi Ungerer(トミー・ウンゲラー)、イラストレーターであり漫画家のJean-Jacques Sempé(ジャン=ジャック・サンペ)などからインスピレーションを受けたと、自ら語っていますが、ウィットに富んだその作品は、ファインアートに囚われず、幅広いカルチャーから自然と育んだ創造性から生まれたものだと呼べるだろう。

本展では、2mレンジの大作7点を含めた合計約30点ものキャンバスペインティングと、パネル型の立体作品を発表する予定。また、本展覧会にあわせて、Jeanのペインティングを『NANZUKA PUBLISHING』にて出版する。 通常版に加えて、Editionプリントがセットになった、限定200冊の特別ボックス版もリリースされ、この他にJullienのデザインによるコーチジャケット、Tシャツ、ハッピも数量限定で販売されるようだ。

 

French artist Jean Jullien’s new solo exhibition “Lesconil” will be held at Temporary Art Gallery NANZUKA. Jullien was born in France in 1983 and Central St. in London in 2008. After graduating from Martins, he studied at the Royal College of Art in 2010, Obtained a bachelor’s degree. While serving as an illustrator, he provides works for various clients such as New York Times, National Geographic, RCA Records, Le Center Pompidou, Hermès, Petit Bateau, and Vogue.

, Has also been active in the production of paintings. He has held exhibitions around the world including San Francisco, London, Berlin and Singapore. Second time in Tokyo, following Japan’s first solo exhibition held at GALLERY TARGET last year, Solo exhibition “Lesconil” is a port in Brittany where Jullien’s family roots are located. Derived from the town Provenarec-Leconil. Jullien spent most of his paintings in this exhibition as if he had spent his summer at Grandparents’ home in Leconil and traced the memory of his childhood. From the point of one of Jullien’s works, such as the calm and beautiful sea, the wheat field swaying in the wind, the sea creatures taken by the fisherman’s grandfather, and the casual scenery that can be seen from the garden, it is possible to read a truly fresh story.

 

Jean Jullien “Lesconil”
会場:NANZUKA
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 2-17-3 渋谷アイビスビル B2F
Tel:03-3400-0075
会期:2019年10月12日(土) – 11月9日(土)
オープニングレセプション:10月12日(土)18:00 – 20:00
休館日:月曜・日曜・祝祭日