ビヨンセがディズニーと超大型契約か

ART/CULTURE /

Beyoncé(ビヨンセ)が「Disney(ディズニー)」と8000万ポンド(日本円にして約109億円)の契約交渉に入っているようだ。

昨年の実写版『ライオン・キング』にナラ役として声優出演し、サウンドトラックでは『愛を感じて』を歌った同氏だが、結果としては「Disney」の予想をはるかに超える大ヒットとなった。その影響力と演者としての能力を見込み、交渉がうまくいけば2021年公開予定の『ブラック・パンサー2』にサウンドトラックで参加、そして「Disney」映画2作品に出演するのではないかと報じられている。

とある関係者は『The Sun』の取材に対し、「彼女は今ではDisneyの主要スターになっていますので、彼らのブランドに最適です。実写版のライオン・キングでナラの声を演じるなど、これまでDisneyといくつかの仕事をしてきていますし、彼らは今後の作品へBeyoncéの参加を確保しようとしているのです。Disneyは8000万ポンド相当の契約を提示しており、成立すればブラック・パンサーを含む3主要作品に彼女が参加することになります」とコメント。また、Beyoncéの契約には、Disney+配信ドキュメンタリー番組のナレーターを務めるという内容も契約に盛り込まれている可能性があるという。

果たしてBeyoncéと「Disney」の超大型契約は締結となるのか、引き続き両者からの公式発表を待つとしよう。自動車メーカー「SUZUKI」がJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)に猛烈アプローチをかけたのはご存知?

Image Credit
@beyonce