モデル・看護師の西本功貴がTHINKmagazineを創刊

ART/CULTURE /

2020年11月18日(水)THINK magazineが創刊された。

THINKはモデル・看護師の西本功貴が立ち上げた、人の「想い」をコンセプトに展開するmagazine。
Issue no.1である今回はコロナ禍で編集長の西本功貴自身が帰る場所である地元熊本のを強く想ったことから、「遠くを想う時」をテーマに合計20Pで構成。

THINK “遠くを想う時”
editor in chief 西本功貴
creative director/designer haru.

●僕をつくる二つの世界
●お元気ですか、今日は天草日和です。
photography 西本千尋/智聖

●僕たちを、つなぐもの
guest 上村翔平(アーティスト)/松嶋豊裕(写真家)
text 薄田直樹
photography 宮有里奈

●the wind
text/illustration haru.

●When I Think of You
photography 嶌村吉祥丸
model 西本功貴
special thanks PWA

価格:1000円
詳細:THINKオンラインストア及び順次店頭展開中
https://thinkonline.theshop.jp/

西本功貴(にしもとこうき) 
1991年生まれ。熊本県上天草市出身。
20歳から看護師として働きながら、10代の頃から憧れていたモデル業を27歳から本格的に始める。ファッションや広告、MV等の多岐に渡って活躍する。モデルでありながら現役のナースマン。
instagram: koki_nishimoto

次回はなぜTHINKを製作しようと思ったのか、聞いていきます。

Image Credit
嶌村吉祥丸