NHK特集ドラマ「うつ病九段」のキャストが発表

ART/CULTURE /

12月20日(日)にBSプレミアムで放送される特集ドラマ『うつ病九段』のキャストが発表された。『水曜どうでしょう』で大泉洋らとともに活動した安田顕が主演を務める本作は、将棋界の最高位(九段)の棋士である先崎学の実話をもとにしたドラマである。

2017年に不祥事に襲われた将棋界を救おうとする中、先崎はうつ病を発症し、家族や将棋界を巻き込み、復帰の可能性にかけた壮絶な闘病生活が描かれる。

そこで今回、作品の中枢を担うとされていた羽生善治と藤井聡太役が明らかとなった。羽生はお笑いコンビ・ナイツの土屋伸之、藤井は芦田愛菜とともに子役時代に一世風靡した鈴木福。制作統括の磯智明は「実在する方を演じるのは、俳優にとってハードルが高いことだと思います。しかも羽生善治さん、藤井聡太さんという天才棋士を演じるのならば尚更です。この作品は、うつ病と格闘した先崎学九段の実話に基づくヒューマンドラマです。土屋さん、鈴木福さんのキャスティングにあたり、単なるモノマネではなく、羽生さん、藤井さんのとても人間臭い部分、温かくどこかユーモラスな感じが、芝居からにじみ出てくると良いなと思いお願いしました。今年も大いに盛り上がった将棋界、その1年の締めくくりにドラマを楽しんでいただければと思います」とコメントし、配役された土屋と鈴木も下記のように述べている。

「永世七冠で将棋の歴史を塗り替えた最強の棋士であると同時に、日本一偉大なメガネ人“永世メガネ”の称号を持つ羽生善治さんを演じさせていただくというのは、我々メガネ芸能人にとって最も栄誉なことであります。視聴者の皆様がこのドラマで本物の将棋の世界に入り込むのを、なるべく邪魔しないように、専門的なご指導のもと、精一杯対局シーンに挑ませていただきましたので、どうぞあたたかく見守ってください(土屋)」。「今回、藤井聡太棋士の役として、同年代の活躍されている方を演じさせてもらえること、すごく嬉しく思っています。監督からは似ていると言われ、撮影でもより寄せられるよう動画を見て練習しました(笑)。少しのシーンでしたが、将棋の練習もしてすごく楽しかったです」。

将棋という文化系スポーツをどのように若者へ普及できるのだろうか。彼らの演技にも注目しつつ、将棋界の発展を願う。その他、カルチャー関連の最新トピックもお見逃しなく。

Image Credit
NHK