米巨匠写真家 ピーター・サザーランドによる作品展がスタート

ART/CULTURE /

アメリカを代表する写真家/映像作家の一人、Peter Sutherland(ピーター・サザーランド)によるファッションレーベル CNY.NYC(チャイニーズニューイヤー)が、「DOMICILE TOKYO(ドミサイル 東京)」にて作品展“ESCAPISM”を本日12月11日(金)よりスタートした。会期は12月11日(金)~12月20日(日)まで。

今回は、PeterがニューヨークでCNY.NYCを創設してから約4年間に渡り撮影し続けた作品とブランドのグラフィックを一冊に凝縮した書籍、さらにパブリッシャーである(un)とのコラボTシャツやロングスリーブTシャツが展開されるほか、「DOMICILE TOKYO」とのダブルネームで過去のアーカイブピースが再販される。

会場では、ニューヨークからコロラド州への帰還、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)による都市封鎖、Black Lives Matter運動などさまざまな出来事を目の当たりにしたPeterが新たなアプローチで制作したという新作19点が展示されるとのこと。コロナウイルス第2波が襲来しているが、ケアを怠らず、是非とも会場に足を運んでいただきたい。

ESCAPISM
会場:DOMICILE TOKYO
住所:東京都渋谷区神宮前 4-28-9
会期:12月11日(金)〜12月20日(日)

この投稿をInstagramで見る

Peter Sutherland(@petersutherland)がシェアした投稿