宇多田ヒカルがノンバイナリーをカミングアウト

ART/CULTURE /

6月26日夜にInstagramライブを実施した平成の歌姫こと宇多田ヒカルが、自分の性自認を“ノンバイナリー”であるとカミングアウトした。

この日は『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督をゲストに迎えた対談ライブを行う予定であり、その前座として流暢な英語で「別のスペシャルゲストであり、私の親友を紹介します。名前はくまちゃんで、彼は男の子でゲイなんです」と話し始めた。そして、「私はノンバイナリー。ハッピープライドマンス」と突如カミングアウト。

ノンバイナリーとは性自認を男性もしくは女性といった二元論に当てはめないことであり、当てはめたくない人のことを指す。男性でも女性でもなく、部分的に混ざった状態であったり、流動的にもなると言われている。また、過去にノンバイナリーを公表したセレブリティも数多く、中でも宇多田と同じくシンガーのSam Smith(サム・スミス)がカミングアウトした際には広く認知された。

同志は1週間前にもノンバイナリーであることを示唆しており、その際には「ミセスかミスどちらで呼んだらいいですか?と聞かれることや、日常的にミス、ミセス、ミズのどれかを選ばなきゃいけないことにうんざり。自分の婚姻状態や性別を前面に押し出す呼ばれ方に違和感しかないし、どの接頭辞もしっくりこない。選ばされるたびに自分を偽ることを強いられているみたい。性自認や社会的立場に関係なく、誰でも使える別の選択肢があったらいいのにな〜。とまで書いたところで、調べてみたら、既にミックス(Mx.)という接頭辞が提案されていた!めっちゃええやん、これからさらに広まるといいね。私もいいアイディアが思いついたんだけど、一足遅かったか…」と投稿していた。

日本社会ではまだまだ受け入れられていない問題ではあるが、このようなカミングアウトは必ず当事者たちの力となり、社会全体の意識を変えていってくれることだろう。