アルベール・エルバスが59歳で死去

FASHION/BEAUTY /

巨匠デザイナーのAlber Elbaz(アルベール・エルバス)が4月24日(現地時間)、パリのアメリカン・ホスピタルにて59歳で死去した。

今年1月に新ブランドのAZ Factory(AZファクトリー)を発表したばかりの同氏だが、同事業のパートナーである「Compagnie Financiere Richemont(コンパニー フィナンシエール リシュモン)」が突如として訃報を発表。死因は世界各地で猛威を振う新型コロナウイルスだといい、「Richemont」グループの会長・Johann Rupert(ヨハン・ルパート)は、突然の訃報に対して「同僚だけでなく、最愛の友人を失った」と声明を発表している。

Elbazはモロッコ生まれのイスラエル育ちで、1980年代半ばにニューヨークに移住し、大手ブライダル会社を経て、「Geofftey Beene(ジェフリー・ビーン)」社に入社。7年間シニアアシスタントとして勤務し、1996年に「Guy Laroche(ギ ラロッシュ)」に入り、Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)の後継者として「Rive Gauche(リヴ・ゴーシュ)」に。だが、3シーズンで「Gucci Group(現在のKering)」の傘下に入ると解雇され、Krizia(クリツィア)を担当。2001年にLanvin(ランバン)のデザイナーに就任すると、見事にブランドを蘇らせ15年までアーティスティック・ディレクターを務めた。その後、19年に「Richemont」との共同会社を設立し、ついこの春にAZ Factoryの1stコレクションを発表したばかりだった。

まさかの訃報に業界内から惜しむ声があがっており、この偉大なデザイナーが残した功績は後世へと語り継がれるだろう。その他、ファッション関連の最新トピックもお見逃しなく。