日本建築界の巨匠・隈研吾 x ASICS による初のコラボランニングシューズが誕生

FASHION/BEAUTY /

2020東京五輪のゴールドパートナーを務めるASICS(アシックス)が、「新国立競技場」を手がけた“日本建築界の巨匠”こと隈研吾とのコラボランニングシューズ“Metaride™️ Amu(メタライド アム)”を発表した。

今回お披露目された同商品は、より少ない力でより長く走ることをコンセプトに掲げたランニングシューズ“Metaride™️”をベースに採用し、環境に配慮した優しい建築を目指す隈研吾のアイデアが随所に落とし込まれている。アッパーには日本の伝統技法である“やたら編み”から着想を得たテープ状の素材が交差したデザインとなっており、ランニング時には足を覆うニット素材と相まり優しくホールドする設計に。

さらに、ソール構造では軽量かつ高強度の次世代機能性素材として注目を集める木材由来のセルロースナノファイバーを用いたミッドソール材Flytefoam(フライトフォーム)を搭載し、素材本来の温もりのある色合いを生かすために無着色のまま成型しているとのこと。そのほかにも、Guidesole(ガイドソール)テクノロジーと呼ばれるトゥにかけてカーブを設けることで、走行時のエネルギー消費を抑えながらも効率的に足を運ぶ機能構造にするなど、デザインのみならず機能性も兼備した一足に仕上がっている。

なお、この記念すべき一足について隈研吾氏は、「僕たちの作る建築で最も小さなものとしてランニングシューズを作った。竹細工技法の一つである“やたら編み”のような外皮と、柔らかに足に追従するニット素材の内皮がつくる2つのレイヤーによって、屈曲やねじれの組み合わさったランニングの複雑な動きに追従する動く建築となった」とコメントしている。

ASICSと隈研吾によるコラボシューズ“Metaride™️ Amu”は、2019年12月20日(金)より全世界2020足限定で発売開始。国内取扱店となるのは、ASICS直営店である原宿、心斎橋、梅田の 3店舗と公式オンラインストアのみで、価格は36,000円(税別)。まずは安井達郎が出演する下記のショートムービーを確認し、こちらの特設サイトで同コラボの詳細をチェックしてみよう。

その他、ファッション/ビューティ関連の最新トピックもご確認を。

Image Credit
ASICS